So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>県境6カ所通行止め 鹿児島・曽於(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)感染疑いの牛が確認された宮崎県都城市と県境を接する鹿児島県曽於(そお)市は12日、県境の一般道路6カ所を三角コーンと看板などで“通行止め”にした。しかし、現場はすり抜け可能で、畜産農家から実効性を問う声も出た。

 市は県境32カ所のうち他にも20カ所を通行止めにする計画だが、作業は14日に始めるという。

 通行止めの看板には「口蹄疫の侵入を防止する為(ため)通行をご遠慮下さい」「曽於の畜産を守る為ご協力をお願いします」と書かれた。家畜伝染病予防法は、72時間の通行規制、遮断を認めているが、発生場所から20キロ以上離れた地域での適用は難しい。そのため鹿児島県も曽於市も「法的には強制できない」という。【黒澤敬太郎、新開良一】

【関連ニュース】
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖

荒井戦略相「辞任に値する」=事務所費問題報道で自民・石破氏(時事通信)
赤信号でエンジン切る→下り坂、7台と接触(読売新聞)
点滴速度設定ミスで患者死亡 業過致死で看護師書類送検(産経新聞)
中四国、近畿、東海で梅雨入り=気象庁(時事通信)
岩手・宮城内陸地震 慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)

「私のしごと館」を研究施設に 国際戦略特区で京都府(産経新聞)

 内閣府が検討している国際戦略特区構想で京都府は、関西文化学術研究都市に環境や健康・医療分野などの研究、開発にあたる産業特区を整備する構想をまとめたことを7日明らかにした。今年3月末で閉館した「私のしごと館」(精華町、木津川市)についても、この構想の中で研究施設として利用したい考えを初めて示した。

 国際戦略特区は、わが国の成長を牽引(けんいん)し、国際競争力を優位に保つために設けられる特区。その中では規制をゆるめ、税制・財政上の支援も行われるという。

 府がまとめた特区構想では環境や健康・医療のほかに、アグリバイオ(農業分野などに関係したバイオ技術)研究分野も含み、アジアの国際研究ハブ・クラスターとしての役割も検討されている。具体的にはRITE(地球環境産業技術研究機構)への集中的な資金投入、粒子線によるがん治療施設の整備などを掲げている。

 また、私のしごと館については「滞在型研究施設としての活用」を明記。府では「私のしごと館は研究、分析、試作などを行うために使ってほしい」としている。

 国は同館を売却する方針で、現在、入札を行っているが、府ではこれまでも研究施設として利用するよう国に要望している。

 府ではこのほかに、外国人旅行者への特別な免税制度を創設し、観光消費拡大をめざす「文化・観光総合特区」構想や、若狭湾を北東アジア地域との間の物流拠点として強化するための「日本海(若狭湾)産業創造特区」構想、地域包括ケアシステムなどをおり込んだ政策提案(計17項目)についてもまとめており、近く国に説明するという。

【関連記事】
581億円「私のしごと館」再就職先なし あす閉館、巨大廃墟に
あの「私のしごと館」、閉館後は商業施設に? 4案に可能性
私のしごと館を前倒し廃止 独法の予算要求額は圧縮 長妻厚労相
【日本の議論】「アニメの殿堂」は必要か? 衆院選の結果次第では…
【すごいぞ!ニッポンのキーテク】納豆菌で害虫撃退 出光の微生物農薬
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

庶民派首相に期待=「ひょうきん」「秀才」―幼少・青年時代の知人(時事通信)
菅新代表が国民新党の亀井代表と会談 連立政権維持で合意(産経新聞)
<訃報>アンドレイ・ボズネセンスキーさん77歳=露の詩人(毎日新聞)
性犯罪で再検挙113人=出所者の居住地情報通知制度―警察庁(時事通信)
空港需要予測など批判も…運輸政策研究機構とは?(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。