So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

小沢環境相、新エネ割合10%以上に(産経新聞)

 小沢鋭仁環境相は28日の参院予算委員会で、今後の温暖化対策に関し、再生可能エネルギーの導入割合をマニフェスト(政権公約)で掲げた10%から引き上げる意向を明らかにした。

 民主党のマニフェストでは、「1次エネルギーの総供給量に占める再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度の水準まで引き上げる」と明記した。

 これに関し、小沢環境相は「さらにもっと上回った数字を目標数値にしたいと思って内部で検討している」と説明。デンマークのコペンハーゲンで活用が進む廃熱の再利用など具体的な事例を示した上で、「(廃熱の利用など)そういったところも入れてできる限り、高い数値を目標にしたい」と目標を引き上げる意向を示した。

 また、温暖化対策による国民負担についても「3月の(地球温暖化対策)基本法を発表する時に、併せて発表し国会の中で議論したい」と述べた。

【関連記事】
25%削減 国民への説明が足りない
課題山積の米倉経団連 成長戦略、民主党との関係  
投資で地球貢献、広がる環境投資ファンド
生活重視 逃げる製造業 政策嫌気 海外移転に拍車
住宅版エコポイント 改修もOK 景気浮揚狙う

つかこうへい氏 肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
空自の次期輸送機試作機、岐阜基地で初飛行(読売新聞)
<気候変動>「35年ごろ氷河消失」は誤り IPCC認める(毎日新聞)
<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)
飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)

筒井寛秀師、死去 東大寺の元別当(産経新聞)

 東大寺(奈良市)の元別当(住職)で長老の筒井寛秀(つつい・かんしゅう)師が23日、肺炎のため死去した。88歳だった。通夜は25日午後7時、葬儀・告別式は26日午後1時、奈良市雑司町406の1、東大寺塔頭(たっちゅう)の自坊・龍松院で。喪主は長男で東大寺執事長、筒井寛昭(かんしょう)師。本山葬の日程は未定。

 奈良市出身。昭和10年に13歳で得度。大正大史学科を卒業した。東大寺の庶務執事や教学執事、執事長などを歴任し、平成2〜5年に第212世別当、華厳宗管長を務めた。その後は長老。

 東大寺大仏殿の「昭和大修理」では、勧進部長として全国各地を回って寄進集めに尽力した。別当在任中は南大門の金剛力士像2体(国宝)の解体修理に取り組んだ。鎌倉時代に東大寺を再興した重源上人の足跡を追い、研究者らとともに各地を調査旅行。重源の功績や東大寺の秘話をまとめた「誰も知らない東大寺」(小学館)を出版した。

【関連記事】
東大寺山古墳出土の太刀に銘文「中平」 象眼は純金、卑弥呼に授与裏付け?
世界遺産で汗流した日々 奈良を駆け抜けた加藤雅也の青春
街道へ、ちょっと寄り道 奈良 1300年の眺め
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
国宝・東大寺南大門に赤ペンキ 奈良

「殴られ殺害されていた」と容疑者供述 神戸の女性死体遺棄(産経新聞)
<菅財務相>沖縄返還密約文章 財務省へ調査の徹底を指示(毎日新聞)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
ハイチ復興 ネット支援広まる 詐欺も横行ご用心(産経新聞)
小沢幹事長 4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)

<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)

 東北楽天イーグルス前監督の野村克也氏が24日、自民党大会でゲストとして講演し、「私は『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』と言い続けてきた。勝っては反省はあまりしない。そこに落とし穴があったのではないか」と述べて、長期政権にあぐらをかいてきたことが自民党の「敗因」と解説した。

 そのうえで「恐らくみなさんは(プロ野球の)巨人の心境だったと思うが、上に立てば必ず足を引っ張りにくる人たちがいる。気を引き締めて捲土(けんど)重来、頑張ってください」とエールを送り、会場から盛んな拍手を浴びていた。【木下訓明】

<鳩山首相>参院選にらみ地方行脚開始 栃木で農園など視察(毎日新聞)
首相動静(1月18日)(時事通信)
<災害復興学会>防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
民家全焼、2遺体発見=16歳と12歳の姉妹か−千葉(時事通信)
誤投与で80歳代男性患者死亡 愛媛県立新居浜病院(産経新聞)

清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)

 岩手県一関市狐禅寺のごみ処理施設「一関清掃センター」に集められた資源ごみの中から、数十万円分の紙幣が見つかっていたことがわかった。

 一関署が持ち主を捜しているが、センター関係者は「こんなことは初めてだ」と驚いている。

 センターによると、紙幣は18日午後4時頃、作業員が資源ごみを手作業で選別している時に発見された。センターは同日、同署に拾得物を届け出た。

 同署は、「持ち主をかたる人が出てくる恐れがある」などとして、金額や発見当時の状況を明らかにしていない。

 センターは、一関市、平泉町からごみを回収している。問題の紙幣は14、15日のいずれかに、ごみと一緒に出されたとみられる。

ロボカップジャパンオープン 5月に大阪で開催(産経新聞)
5千万円授受の翌営業日、陸山会口座に同額入金(読売新聞)
<福岡市>「うまかもん」満喫ツアー 「福たび」を発売(毎日新聞)
死の「度胸試し」9階手すりから高1転落(読売新聞)
【風】税収アップどこまで?(産経新聞)

遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)

 角川文化振興財団は22日、7〜9世紀に中国大陸との間を往復し、最先端の技術や文化を日本に持ち帰った遣唐使船を再現するプロジェクトを発表した。4月24、25の両日、「平城遷都1300年祭」の一環として奈良市内で船をめぐるシンポジウムを開催した後、再現船は5月15日に大阪港を出港。実際に航行したとされる瀬戸内海を経て、6月中旬に中国の上海万博会場に着く予定。

 船は中国で建造中で、3月末に完成する。日本側のゼネラルプロデューサーを務める角川歴彦・同財団理事長は「遣唐使船は世界史で他に例を見ない、戦争によらず行われた文化交流。空海をはじめ当時の人たちは危険を顧みず、知識をひたすら求めた。いま再現することが日中関係にとって大切だと思う」と語った。

【関連ニュース】
上海万博:「日本館」で最先端技術を展示 世界初公開含め
上海万博:子パンダ10頭公開、“人寄せ”に期待
雑記帳:道頓堀「大たこ看板」上海万博へ
上海万博:日本館が完成 最先端のエコ技術、各所に
上海万博:「排出ゼロ」未来都市展示…環境の日本売り込め

<広島女児殺害>4月8日に初公判 ヤギ被告差し戻し審(毎日新聞)
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)
参院選への影響を懸念=小沢氏団体の事件で−古賀連合会長(時事通信)
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら−3人再逮捕へ・宮城県警(時事通信)
普天間、現行計画は困難=駐日米大使に既に伝達−防衛相(時事通信)

<雑記帳>マンボウ「国内最長寿」目指し 山口・下関(毎日新聞)

 山口県下関市の水族館、海響館のマンボウが先月、同館としての飼育日数記録1047日を超えた。鴨川シーワールド(千葉県)の国内最長2993日の記録更新を目指す。

 雌雄不明だが、愛きょうたっぷりの顔つきで人気抜群。搬入された07年、約80センチだった体長は約1.5メートル、体重100キロに。デリケートな魚だけに飼育は細心の注意を払う。

 マンボウは「万宝」とも書くめでたい魚。昨年は「予算削減」など不景気な言葉が並んだが、3億もの卵を産むマンボウにあやかって今年こそは実りの多い年に。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
雑記帳:今年も登場 サンタのダイバー
マンボウ:早くも今季1号−−佐伯 /大分
頑張る!新長州人:/2 海響館の獣医師・進藤英朗さん /山口
2009歳末点描:主役は「水中のトラ」 干支にちなんだ生物展示−−海響館 /山口
海響館:顔“誰”に軍配? 1日館長指名選挙を展開、清き1票呼びかけ /山口

またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)
<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)
坂本龍馬 妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席(毎日新聞)
震災から15年 5年間の「記憶」明日の被災地へ 神戸映画資料館あすから上映(産経新聞)
<仏教伝道文化賞>画家、佐久間顕一さん…芸術分野で受賞(毎日新聞)

捜査介入のつもりない=「不起訴望む」発言で釈明−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は22日早朝、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で逮捕された石川知裕衆院議員の不起訴を望むとした自らの発言について、「仮定の質問をされたから、そういう仮定がない方がいいと言っただけの話だ。(検察の)捜査に対して介入するつもり、意思は全くない」と釈明した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏(産経新聞)
将棋 久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
<火災>前橋で住宅全焼 59歳男性?死亡(毎日新聞)
<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)

ガールズバーで中2バイト「稼いで大麻買った」(読売新聞)

 兵庫県警は13日、18歳未満の少女を働かせたとして、神戸市東灘区のガールズバー「バール ブナセーラ」と経営者男性(67)宅を風営法違反(年少者雇用)容疑で捜索した。

 同店では大麻を隠し持っていたとして逮捕された同市立中学2年の女子生徒(14)(同市長田区)がアルバイトをしていたといい、生徒は「同店で稼いだ金で大麻を買った」と供述しているという。

 捜査関係者によると、同店は昨年12月、市保健所長の許可なく、無職少女(16)(同市東灘区)に飲食接待をさせた疑い。

 これまでの調べに対し、生徒は「携帯電話代や洋服代のために同店で働き始め、大麻の購入にも充てた」と供述。無職少年(19)(同市長田区)(逮捕)らから1グラム約4000円で買ったとされる。無職少女との接点は不明という。

 一方、昨年12月に大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕され、家裁送致された別の市立中学3年の女子生徒(15)(同市兵庫区)が、神戸家裁で初等少年院送致の決定を受けたことがわかった。決定は12日付。

外国人参政権法案「理解得られる」と首相 「日韓併合100年というタイミングでもある」(産経新聞)
<センター試験>725会場で16日から 55万人が志願(毎日新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
産廃会社役員ら贈賄容疑、市長に現金入り祝儀袋(読売新聞)
<石川議員逮捕>任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)

交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)

 落とし物として交番に届いた現金をネコババしたとして、神奈川県警は19日、戸部署地域1課巡査渡辺雄大容疑者(24)(神奈川県横須賀市津久井)を業務上横領の疑いで逮捕した。

 発表によると、渡辺容疑者は15日午後、横浜市西区の横浜駅相鉄口交番で勤務中、拾得物の財布から19万円を横領した疑い。

 県警幹部によると、翌16日、同市神奈川区の女性(66)から遺失物届が出て、財布を確認したところ、21万円入っていた財布に2万円しかなく、発覚した。渡辺容疑者は、拾った人と財布の中の確認をせず、拾得物台帳に2万円と記入していた。

 渡辺容疑者は「非常に忙しい交番勤務でストレスがたまり、魔が差した」と供述し、19万円は自宅のタンスに隠していたという。

 県警監察官室の小笠原晃室長は「警察官としての信頼を損なうあるまじき行為で深くおわびする。今後の捜査をふまえ厳しく処分する」としている。

<共産党大会>志位委員長を再任 市田書記局長も(毎日新聞)
大学入試ミス283件、私大が8割(読売新聞)
与党「政策実現」、野党「小沢氏追及」=論戦へ決意(時事通信)
<人事>財務省(毎日新聞)
首相、阪神・淡路大震災式典出席を発表(産経新聞)

<ロケット花火>誤って着火、知人男性やけど 名古屋(毎日新聞)

 14日午後3時55分ごろ、名古屋市東区出来町2のレストラン「デニーズ大松店」で、客の男性会社員(42)=名古屋市西区=が手作りのロケット花火を触っていたところ、誤って着火し、向かいの席に座っていた知人の男性会社員(34)=愛知県春日井市=が左腕に軽いやけどを負った。

 愛知県警東署によると、2人は同県内の中小企業経営者らで作る愛知中小企業家同友会のメンバーで、24日に開かれるイベントで使用する手作りロケット花火の操作手順を確認していた。電池の残量がないと思い込んでスイッチを入れたところ、火薬に点火したという。

 当時店内には客30〜40人がいたが、大きな混乱はなかった。【中村かさね】

間寛平さん 前立腺がんと判明 「アースマラソン」は継続(毎日新聞)
米国務長官が日本のエコカー補助に「排他的」 (産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)
<陸山会土地取引>小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」(毎日新聞)
<日米安保>米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。